【5年以上使用】Creative Inspireのスピーカーが殿堂入りレベルの性能だった(‎IN-T10-R3)【使用感レビュー】

Creative Inspire スピーカー
  • URLをコピーしました!

巣ごもり需要の増加に伴い、PCデスク周りの環境を充実させようという方が増えてきています。

BGMを聴きながら作業したいという方の中には、ヘッドホンよりもスピーカー派という方も多いのではないでしょうか。

僕は気分によって使い分けているのですが、最近はスピーカーで音楽を流しながら作業する事も多くなってきた気がします。

スピーカーは部屋全体が音に包まれる雰囲気がなんかイイんですよね

今回は、長年使用して改めてその音質の良さに感心している「Creative」製の卓上スピーカーについてご紹介します。是非最後までご覧ください。

タップできる目次

Creativeとは?

Creative は1981年にシンガポールに設立されたオーディオ機器メーカーです。

現在も本社はシンガポールに置かれているほか、アメリカやヨーロッパにも展開されている世界的企業です。

近年では、ミックスアンプと肩を並べて人気を博している「Sound Blaster」を展開している事でも有名ですね。

‎IN-T10-R3の仕様について

主な仕様は以下のとおり。

  1. スピーカー出力:5W RMS/ch (2チャンネル)
  2. 周波数特性:80Hz – 20kHz
  3. S/N比:75dB
  4. 外形寸法:横幅8.8㎝×高さ19.4㎝×奥行13.2cm
  5. 重量:約2kg(ACアダプター含まず)
  6. 入力端子:ライン入力(ステレオミニジャック)x1/AUX入力(ステレオミニジャック)x1
  7. 出力端子:ヘッドフォン出力(ステレオミニジャック)x1
  8. 電源:DC 12V(ACアダプター)

スピーカーの音質は?

このスピーカーは本体の大きさがそこそこあり、ACアダプタも超デカいんです。そのため、コンパクトさを求め別のスピーカーを試した事も何度かありました。

しかし、いつしか結局 Creative のスピーカーに戻ってきてしまいます。

その理由はただ一つ

音質が最高すぎる

これに尽きます。

この価格帯でこんな音の広がり方をするのかと、今でも感心してしまいます。

必要最低限のつまみ(2か所)

向かって左側が音量、右側がトーンの調整です

音量調節

左側が音量調節のツマミです。

コンパクトな筐体ながらマックスにするとなかなかの爆音。

近所迷惑なので僕はいつも40%程度で使用しています

トーン調整

右側がトーン調整のツマミです。

左へ回す程こもったような音(なんとなくメロウな雰囲気)になり、右へ回すほどクリアな音になります。

丁度真ん中の部分で一度引っ掛かるようになっているので、調整しやすいですよ。

ACアダプタが超デカい

これは唯一のデメリットかもしれません。

これだけの性能を発揮するためには仕方がないのかもしれませんが、磁石で机の天板裏側に設置しているコンセントから落下しないか不安になります。

まとめ

卓上スピーカー選びで悩んでいる方はこれを選んでおけば間違いないでしょう。

最近では1万円を超える高級卓上スピーカーも販売されているようですが、3,000円台でこの性能であればきっと満足できるはず。

作業のお供にピッタリのアイテムなので、気になった方は是非一度チェックしてみてください。

¥12,200 (2021/10/24 21:20時点 | Amazon調べ)
是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次