BenQのスクリーンバー設置したらワンランク上のデスク環境になった【BenQ ScreenBar モニター 掛け式ライト】

BenQ ScreenBarのアイキャッチ
  • URLをコピーしました!

以前からPCデスクの使用環境向上を図りたいと考えていたのですが、そんな中でスタンドライトが若干広めにスペースを陣取っている事に気づきました。

何か解決方法はないかと探っていたところ、ディスプレイの上に設置できるライトを発見。

それが、今回ご紹介するBenQのスクリーンバーになります。

今回は、BenQのスクリーンバーを購入して使用してみた感想をまとめました。勉強や作業時に目の疲れを感じる方や、集中力を持続させたい方にはおすすめのアイテムとなっています。気になった方は是非最後までご覧ください。

タップできる目次

さっそく開封

外箱は剥き出し

箱はこんな感じ。

Amazonで購入したのですが、段ボールには梱包されておらず、この箱にそのまま伝票貼られてました・・・

外れショップ引いたのかもしれないね

箱の中身

気を取り直して箱をオープン。かなりシンプルな梱包ですね。

パーツの説明は英語と中国語のみのようです。

取り出してみました。

パーツは本当にシンプルで、

  1. スクリーンバー本体(ライト部分)
  2. 重り兼取付用のパーツ
  3. 電源コード(USB給電)

以上の3つのみが入っていました。

各パーツのアップはこんな感じ。

ボタンが4つしかないのも洗礼されていて良いですね。

設置してみた

乗せるだけで設置完了

設置はいたって簡単です。

ライト部分と取付パーツを結合し、モニターに乗せるだけ。

いざ点灯

さっそく設置してみるとこんな感じとなりました。

手元をパァっと照らしてくれ、何ともオシャレな雰囲気(語彙力)を醸し出してくれます。

暗闇だとさらに映える

部屋の電気を消しスクリーンバーのみ点灯させると、何ともデキる雰囲気漂うデスクとなります。

引きで撮ってみるとこんな感じ。

煉獄さんだってこのとおり。

滅茶苦茶カッコよさが引き立ちます。

操作について

一通り撮影会を行ったところで、操作方法について説明します。

前述したように、スクリーンバー本体にはボタンが4つのみ。具体的には、右から順に

  1. 電源ボタン
  2. 自動調光モードへの切り替え
  3. 輝度の調整
  4. 色温度の調整

となっています。

今回購入したものは直接手でタッチして操作を行うタイプですが、もう一段階上に、手元のスイッチで調整可能なものもあります。気になる方はチェックしてみてください。

電源ボタン

軽く触れるだけでOK

電源マークをタッチする事で、電源のオンオフが可能。

物理ボタンではなく、軽く撫でるように触れるだけで反応してくれるため、感度は非常に良いです。

自動調光モードへの切り替え

自動調光モードにするには、ランプ点灯中に自動調光モードボタンをタッチします。

ボタンをタッチすると自動調光モードインジケーターが点灯します。

自動調光モードでは、周囲の照明状況に応じてランプの輝度が自動調整され、最適な色温度に調整されます。

・この際、ランプの光量センサーを遮ってしまうと、自動調光モードが適切に機能しないので注意してください。
・自動調光モードをオンにすると、ランプは周囲の照明状況を監視し、輝度及び色温度の設定を自動的に調整します。
・輝度または色温度を手動で調整すると、自動調光モードが自動的に終了します。

安全を確保するため、静電気が発生しやすい環境で使用するとランプが自動的に自動調光モードに入る事があります。

輝度の調整

ランプの輝度調整ボタン にタッチすることで、輝度(明るさ)を調整する事が可能です。

ボタンにタッチするたびに輝度が変化し、15 段階の輝度から選択できます。

色温度の調整

• ランプの色温度調整ボタンにタッチすることで、光の色温度を調整する事が可能です。。

ボタンにタッチするたびに色温度が変化し、8 種類の色温度設定から選択できます。

色温度については以下の通り

  1. 2700K(ソフトな白色)
  2. 3000K
  3. 3500K(暖白色)
  4. 4000K
  5. 4500K(昼白色)
  6. 5000K
  7. 5700K(寒色白)
  8. 6500K(昼光)

輝度と色温度の設定は自動的に記憶されます。スクリーンバーの使用を突如中断した場合は、次の電力供給時、最後に使用された設定で点灯します。

気になったところ

設置直後から非常にお気に入りとなったスクリーンバーなのですが、一点のみ気になるところがありました。

「ベゼルへの干渉」です

見てください。

現在僕の使用している「Acer Nitro XV253QXbmiiprzx」は上部のベゼルがおよそ7mmなのですが、若干スクリーンバーの全面部分がはみ出しています。

重りの部分をどれだけいじっても解決できませんでした。

まあこの程度の干渉であれば作業に支障をきたすことはありませんが、人によっては気になってしまうかもしれません。

iPhoneでいうノッチ部分だと思って気にしない事にしています。

今使ってるiPhoneはSE2だからノッチ無いけどね。

総じて使用感は最高

現在使用し始めて5日程経していますが、過前段のノッチ問題を除けば最高のアイテムと言えます。

スペースも確保できて調節は簡単、輝度調節も丁度良く、本当に買ってよかったと思っています。

手元を照らしてくれるので小物を撮影する時もイイ感じに映ってくれますし、読書にもオススメです。

まとめ

手元を照らすだけのライトは一見地味なように感じますが、いざ使用してみると手放せなくなります。

机に向かってもなんだかやる気が起きないという方も、スクリーンバーの点灯と共にやる気も徐々に湧いてくるのではないでしょうか。

使ってみて後悔はしないと思うので、その効果を是非一度手に取って確かめてみてください。

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次