【冬の朝にはコレ!】CORONA遠赤外線ストーブ「コアヒート」が超オススメです【長期使用レビュー】

コアヒート写真
  • URLをコピーしました!

今年もドンドン冷え込んできており、我が家では既にコタツとストーブを引っ張り出してきています。

特に朝は凍えるような寒さの日も増えてきていますよね。

真冬の朝、布団からサッと布団から抜け出すのは至難の業です。

そんな時でも、すぐに体を暖めてくれる存在があれば多少億劫になっている気持ちも奮い立たせることができますよね。

今回は、そんな時に役立つアイテム「コアヒート」についてご紹介します。

僕自身5年以上長期使用しており、実際の使用感も交えてレビューしていきますので是非最後までご覧ください。

タップできる目次

コアヒートについて

「コアヒート」はCORONA社が展開する遠赤外線ストーブです。

輻射式の熱で体を内側からじんわり暖めてくれるのが特徴で、スイッチ起動から暖まるまでの時間もとても速いです。

輻射熱とは

遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱の事。つまり、高温の固体表面から低温の固体表面に、その間の空気その他の気体の存在に関係なく、 直接電磁波の形で伝わる伝わり方を輻射といい、その熱を輻射熱という。太陽の自然な暖かさや、薪ストーブの熱なども輻射熱によるもの。

コトバンクより引用

冒頭でも述べましたが、僕は2016年に購入し5年間愛用しています。

寒い冬もスイッチを押してすぐに体を暖めてくれるので、毎シーズン本当に重宝しています。

冬の朝布団から出た時やお風呂上りなど、様々な場面で対応してくれます。

コアヒートの仕様・寸法など

サイズ・重量

コアヒートのサイズ・重量は下記のとおり

本体寸法本体重量
幅34㎝×奥行30㎝×高さ71.7㎝5.6kg
各調節ボタンはこんな感じ

主な仕様

項目内容
素材ステンレス
ワット数(W)1150W
電源電源コード式(AC100V 50/60hz)
電圧(V)100ボルト

おすすめポイント

自動首振り機能

扇風機のような首振り機能が付いています。

左右70度まで対応しているので、幅広い範囲を暖めてくれますよ。

広範囲を暖めてくれます。

輻射部を横にも変えられる

輻射部(暖めるところ)は通常縦の状態となっていますが、横に90度回転させることも可能。

ソファーなどで横になっている時などは横にする事で体全体に熱が届くのでとても心地良いです。

更に上下角度調節が「上方=約10/20/32度、下方=5度」の範囲で可能なので、幅広い状況で使用できますよ。

地味に便利な機能

タイマー機能付きなので安心

万が一に備え、0.5・1・2・3時間のタイマーが付いています。

また、タイマーを設置し忘れても6時間経過すると自動でスイッチオフになります。

スイッチの消し忘れは、火災の危険はもちろん、電気代が恐ろしいことになりますので最大限の注意を払いましょう。

11段階の温度調節機能

温度調節はランプの色で視認できるためわかりやすく、11段階まで調整が可能となっています。

自分に合った温度で体を暖める事ができますね。

ただ、僕の場合MAXの「11」はめったに使用する事はありません。

パワフルすぎて体が焼けてしまいます。

住んでいる地域にもよりますが、だいたい5~7くらいでも十分温まれます。

実際に5年間使用してみた感想

冬の朝でも頑張れる

5年間と言っても使用するのは当然毎年冬のみなのですが、とにかく暖かい。そして起動が早い。

12月~2月くらいは毎朝布団から抜け出すのが究極に億劫になっていたのですが、コアヒートの暖かさを知ったおかげで布団からの脱出をしやすくなりました。

輻射熱はまるで太陽

輻射熱はとても心地よく、日向ぼっこしているような暖かさに包まれることができます。

僕は毎朝スイッチを入れた後背中を温めながら体操座りすることが多いのですが、心地よすぎて結局そのまま2度寝してしまうほどです。

体が内側から温まるような感覚がたまりません。得体の知れない安心感のようなものが生まれます。

出力MAXはめったに使わない

出力を最大まであげるとめちゃくちゃ熱いです。「暑い」ではなく「熱い」です。

灼熱です。

これは本当に地獄の業火

室内の気温がいつもより低い場合でも、出力MAXにしたまま当たっているとじんわり熱くなっていき、気づいた時には当たっている面が超高温になっていたりします。

それくらい注意が必要なので、どうしても強めの出力で使用したい場合にはなるべく離れた位置から使用するようにしましょう。

取っ手が意外と便利

我が家では、平日の朝はリビングでコアヒートを使用する事が多く、休日は作業部屋に移動して使用しています。

こんな風にちょくちょく移動させているため、輻射部の裏側に付いている取っ手の存在が意外と便利なんです。

コンセントを抜いてササっと持ち運びできるので、どこにいても素早く暖まる事ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冷え込みが厳しくなってくると動くこと自体がおっくうになり、行動が制限されがちになる方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したコアヒートに限らず、暖房器具をうまく利用して寒い冬も計画的に過ごせるようにしたいですね。

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次