【無印良品】今年も「あたたかファイバームレにくい敷パッド」の季節となりました【長期使用レビュー】

  • URLをコピーしました!

朝晩の冷え込みが厳しくなり、短かった秋も終わりを迎えようとしています。

徐々に暖房器具を引っ張り出してきている方も多いのではないでしょうか。

今回は寒い時期の就寝を一段階上の快適さにしてくれるアイテム、無印良品から販売されている

あたたかファイバームレにくい敷きパッド

をご紹介いたします。

商品名だけでコレが何なのか理解できてしまう!

実際に2年以上使用した感想を正直にお伝えしたいと思いますので、是非最後までご覧ください。

タップできる目次

冬場の就寝時、こんな経験はありませんか?

冬場の就寝時、掛け布団を何枚も重ねているのに、なんとなく底冷えするような寒さが続いたという経験をした事はありませんか?

その原因は恐らく掛布団の性能だけではなく、敷布団側(もしくはマットレス)にあります。

体の上からどれだけ防寒対策を施しても、下側から熱が逃げてしまうためです。

寒さ対策は上だけでなく「下から」もしっかり行いましょう

体の下から逃げてしまう熱を苦さないためにはどうしたら良いか。

その答えが冒頭でもご紹介した「敷きパッド」なのです。

この敷きパッドを活用する事によって、体全体が包み込まれる形となります。

寒い冬もしっかり布団の中を保温してくれるため、毎日快適な睡眠を提供してくれるわけですね。

その中でも、無印良品さんが展開している「あたたかファイバームレにくい敷パッド」は群を抜いて暖かく、そして何よりとても良い肌触りなんです。

あたたかファイバームレにくい敷パッドがもたらすもの

「あたたかファイバームレにくい敷パッド」を導入することにより、

  • 冬場、布団の中が寒すぎて縮こまっている
  • 寒さ対策で掛布団にこだわり尽くしたけど何となく満足できていない
  • 包み込まれる安心感を味わって眠りにつきたい

という方の希望や悩みを解決してくれます。

あたたかファイバームレにくい敷パッドのサイズについて

サイズは4種類

あたたかファイバームレにくい敷パッドのサイズはSSサイズからDまでの4種類となっています。

タイプ高さ
SS(スモール)83㎝200㎝
S (シングル)100㎝200㎝
SD(セミダブル)120㎝200㎝
D (ダブル)140㎝200㎝

僕は現在使用しているベッドに合わせてダブルサイズを購入しています。

シーリーのベッドで使用しています

設置は四隅を止めるだけ

設置はいたって簡単。

敷きパッドの裏側に固定用のゴムが付いているため、それをベッドの四隅に固定するだけです。

僕が普段使用しているシーリーのマットレスはかなり厚みがあるので、割とギリギリでした。

敷布団で使用するのであれば特段問題はありませんが、分厚いマットレスを使用している場合には注意する必要があります。

2年間使用した感想

とにかく肌触りが最高

触り心地はモフモフとモチモチを足して2で割ったような感じ。この肌触りは本当に病みつきになります。

毛足が長くあたたかい空気を含みやすいため、布団に入った瞬間心地よさに包まれます。

毎日寝るのが楽しみになるため、自然と早寝になるという副産物的な効果も期待できるかもしれませんね

心地よすぎて逆に朝布団から抜け出すのをためらってしまう事があります

暖めすぎた際の不快感もなし

寒くなると予想して電気毛布などで布団を暖めすぎた際、想定以上に布団の中が熱くなってしまい夜中に汗をかいてしまう事があります。

しかし、「あたたかファイバームレにくい敷パッド」は、吸放湿性のある天然由来の(ユーカリの木)リヨセルが混ぜられているため吸湿性にも優れています。

このため、布団の中を丁度良い湿度に保ってくれるわけです。

あたたかさとムレやすさはトレードオフのような関係だと思い込んでいましたが、この敷きパッドはそんな概念を見事に覆してくれています。非常に優秀ですね。

まとめ

冬場における布団のあたたかさは、そのまま睡眠の質に直結するものです。

この敷きパッドと肌触りの良い毛布は本当に相性バツグンです。

長年独自に研究した結果、極寒の冬場は上から「薄めの毛布」、「掛布団」、「厚めの毛布」、「自分」、「あたたかファイバームレにくい敷パッド」という構造にする事で暖房無し、電気毛布無しでも快適に睡眠する事ができると”僕の中で”判明しました。

毎シーズン使用している毛布もご紹介しますので、興味のある方は是非そちらも一度チェックしてみてください。

掛布団の上、薄めの毛布

掛布団の下、厚めの毛布

何気にこの毛布もかなり滑らかで良い肌触りです。

この敷きパッドと毛布に挟まれば一瞬で眠れます

あなたの睡眠の質が少しでも向上するよう、毎日使用する寝具にはしっかりこだわりましょう。

文字通り、本当に人生を左右する事がありますよ。

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次