「Selore7in2 ハブ」がMacBookの必須ツールである理由

  • URLをコピーしました!

M1MacBook」購入から一年が経過し、現在ではメインPCとして使用しています。

ラップトップでありながら非常にハイパワーであり、その性能自体に不満はありません。

ただ一点、使用できるポートの数に物足りなさを感じていました。

今回は、そのポート問題を解決すべく購入したSelore7in2ハブ」についてご紹介いたします

この記事について

  • MacBookの機能をフルで活用したい
  • HDMIケーブルで外部出力したい
  • SDカードのデータも読み込めるようにしたい

という方にはオススメできる内容となっています。

MacBookの性能を最大限に引き出し、最適化した使い方をするための方法を詳しく解説しているので、是非最後までご覧ください。

目次

使用可能なポートが少ないという問題

M1Macbookは非常にパワフルですが、利用可能なポートの数は限られています。

M1 MacBookに備わっているポート

  • type-C端子/2つ
  • イヤホンジャック/1つ

ポート数を少なく設計する事で携帯性UPや消費電力を抑えられるようになるのですが、モニターやUSBメモリなど複数の外部機器を接続する際には、これがネックになります。

ケーブルの抜き差ししながら使用すればなんとかなる場合もありますが、毎回行っていると面倒に感じるうえ、2ポート以上の接続は構造上不可能です。

7in2ハブを購入

この問題を解決するべく、M1Macbook専用の7in2ハブを購入。

この商品を購入した事により、複数の外部デバイスに接続する場合もケーブルを頻繁に切り替えることなく接続する事が可能となりました。

ハブのポート数は合計7つ。

  • USB type-C(Thunderbolt3)
  • USB type-C(データ転送用)
  • SDカードスロット
  • TFカード(microSD)スロット
  • USB3.0(2箇所)
  • HDMI

ハブ側には type-C端子が2つ備わっており、これら両方をMacBook側に接続して使用します。

SDカードや外付けHDD、SSDを接続する機会が多かったため、このハブがあれば全てワンストップで済みます。

MacBookの機能を最大限に

ポート数が7つに増えた事により、MacBookの機能をフル活用することが可能となります。

type-C端子で充電しながら外付けハードディスクのデータを読み込み、HDMI端子で外部モニタへ画面出力しながらMIDIキーボードでDTMを行う

というような割とガチャガチャした使い方も実現可能。

もちろんtype-Cでの2画面も可能

MacBookはクラムシェルモードによるデスクトップ的な使用でも十分力を発揮してくれるため、外部モニタへの出力に適しています。

type-C端子でも画面出力は可能ですが、手頃な価格の液晶モニタはDPポートやHDMIポートのみという場合が多いため、HDMI端子で画面出力できる点もメリットの一つ。

HDMIケーブルによる画面出力

上述しているように、7in2ハブの使用によってHDMIケーブルによる外部モニタへの画面出力が可能となります。

僕は現在type-C端子で接続していますが、ハブの上部にあるHDMI端子に接続すれば同じように出力できます。

HDMIによる画面出力では最大4K(3840*2160P@30Hz)画質による映像が出力でき、ネットサーフィンや映画、ドラマなどの動画視聴を大画面で楽しめます。

出力先の画面サイズが大きなモニタであれば、作業領域の拡大により生産性の向上も期待できます。

動画編集などクリエイティブな作業を行う方にも非常にオススメ。

SDカードからのデータ読み込み

この手軽さが良い

7in2ハブにはSDカードスロットが存在する事も嬉しいポイントの一つ。

iPhoneの写真はairdropで簡単に取り込めるのですが、一眼レフカメラで撮影した写真の取り込みにはSDカードを使用する必要があります。

保存するデータの種類ごとにSDカードを分けているため、手元で簡単に抜き差しできるのは非常に便利です。

携帯性も抜群

Seloreの7in2ハブは「サイズ感」、「素材」からみても携帯性に優れています。

外出先でも様々なデバイスを接続する機会がある場合にはこれも重宝なポイント。

サイズ感

サイズ感は片手に収まる程度。

ポケットやバックパック、ハンドバッグの中に入れて持ち運んでも邪魔になりません。

この軽量感を備えながらアルミニウム素材による頑丈な構造を有しているため、どこへでも気兼ねなく持ち運ぶ事ができます。

アルミニウムの質感

7in2ハブはMacBookとほぼ同じ見た目なアルミニウムの質感を有しており、値段以上の高級感を感じます。

MacBookに取り付けた際にも違和感がなく、純正品かのような見た目。

アルミニウムは防錆・棒傷性にも優れた素材であるため長期間使用しても品質が落ちづらく、様々な場所へ持ち運んでも綺麗な見た目を維持したまま使用し続けられます。

まとめ

以上、今回はMacBookの機能を最大限まで引き上げてくれる便利アイテム「Selore7in2ハブについてご紹介いたしました。

利便性、携帯性、互換性を兼ね備えており、MacBook単体で多くのタスクをこなそうと考えているユーザーにとっては必須と言えるデバイスです。

気になった方は是非一度チェックしてみてください。

このブログでは今回ご紹介した内容以外にも、QOLの向上に役立ちそうな家具・家電やガジェットなどについて情報発信しています。お時間があれば是非そちらもご覧ください。

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次