【自宅トレの必需品】YOSUDAのスピンバイクを1年半使い続けた感想

スピンバイク-アイキャッチ
  • URLをコピーしました!

コロナ禍が長続きする中、以前に比べてジムへ行く方はかなり減ってしまったのではないでしょうか。

僕もそのうちの一人です。

ストレスを溜めないために運動が欠かせない事は言うまでもありませんが、その中でも有酸素運動は極めて大きなストレス対策効果をもたらしてくれます。

今回ご紹介するYOSUDAのスピンバイクは2020年5月18日に購入しており、それからはほぼ毎日せっせと漕ぎ続けています。

購入からほぼ毎日使い続けて来ましたが、これは自宅トレには必須であると断言できます。

そんなスピンバイクを実際に購入して使い込んだ感想をお伝えするので、是非ご参考にしてください。

タップできる目次

購入のキッカケ

エアロバイクを購入した大きな要因としてコロナ禍によるジムの閉鎖」「実家からアパートへの引越」等が挙げられます

実家に住んでいた頃は道が広い割に車の交通量も少なかったので、毎日ジョギングをしていました。

現在住んでいるアパートの周辺はその逆です。道が狭くいのに何故か交通量が多いので、イヤホンを付けて走っていると衝突しそうになる事もありました。

有酸素運動を行うのは意外とハードル高い

また、結婚してからは家事も分担して行うため、色々と作業してから服を着替えて走るという事が面倒に思えてくるようになります。

洗濯も自分で行うようになり、なるべく洗い物を増やしたくないという思考が芽生えてしまった事も悪い要因と言えるでしょう。

とはいえ、筋トレするにあたり有酸素運動を無視することは出来ません。

何か自宅で出来る良い方法はないか考えた結果、このスピンバイクが候補に上がったのでした。

寸法・重さなど

今回購入したYOSUDA製スピンバイクの寸法はこんな感じです

縦幅101㎝
横幅55㎝
高さ103㎝
重さ31kg

購入前は部屋が窮屈になりすぎないか心配でしたが、設置してみれば意外とすんなり納まりました。

ただし、注意すべき点があるとすればその本体重量です。

このスピンバイクは31kgあるのですが、そのまま床に置いてしまうと重心が4本の足に集中してしまうため、床が凹んでしまう恐れがあります。

僕はそれを防止するために100円ショップでフロアクッションを購入して敷いています。

さらに安定性を向上させたければ、畳1枚分程度のフロアマットがAmazonで販売されているため、そちらを使用するのもよいでしょう。

大きなサイズのフロアマットはハーフラックの設置箇所で使用しています。クッション製が良く、2階で筋トレする場合でもかなり音を吸収してくれます

詳細な使用方法

納品時は、大まかには「ハンドル」「本体」「サドル」の3パーツで分かれています。

それらを説明書通りに結合するだけなので組立てに関してはそれ程苦労しませんでした。

電子パーツの距離計は使用せず

付属品として距離を測れる電子パネル(計算機のような白黒画面)があったのですが、使用中はipadかiPhoneを使用する事がほとんどなので、電子パネルは使用せず撤去してしまいました。

必要であれば、コンセントに差し込んで使用する事が出来ます。

ここにiPhoneやiPadが置けるので非常に便利

ブレーキノブで重さ調整が可能

ドリンクホルダの上あたりに赤色のブレーキノブがあり、これを回すことでサドルの重さを調節する事が出来ます。

漕ぎ始めは軽めの負荷にしておき、トレーニングの後半にかけて徐々に負荷を強めるといった使い方がおすすめです。

右に回すほど負荷が大きくなります

サドルの高さ調節はちょっと面倒

サドルの高さを調節するためには、手動のネジ(ハンドル)を回して取り外し、好みの高さにした後またネジを取り付ける必要があります。

このスピンバイクは僕の奥さんもたまに使用するのですが、その度にサドルの高さ調節が必要になるため、もう少し簡単に調節出来る機能が欲しいと思いました。

実際に1年半使用した感想

購入してから今日まで使い込んできて、このスピンバイクはもはや生活の一部となりました。

平日に仕事から帰宅後、ワイシャツを脱ぎ肌着だけでトレーニングを開始出来るのは非常に楽です。

忙しい時であっても、隙間時間を利用して有酸素運動を行えるため生活の質が上がります。

これだけ使い込んでいても、ホイール部分含め何も不具合などは起きていないため、とてもしっかりした作りになっていると言えます。

まとめ

思い立った時にすぐ有酸素運動できるのはありがたい

コロナが流行りだした頃、このスピンバイクはかなり品薄になっていました。

またいつ次の波が訪れるかわかりません。

普段気軽にウォーキングやジョギングが出来ないという方は、是非一度導入を検討してみてください。

ハンドルがカッコイイ・・・
是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次