スッキリ暮らすための良コスパアイテム6選

  • URLをコピーしました!

新居での生活がスタートし、普段の暮らし方にも少し気を使うようになりました。アパートで暮らしていた頃にはそれ程気にしていなかったような事も若干気になるようになり、常に小綺麗な状態を保ちたいと考えるようになっています。

そんな中試行錯誤し、いくつか高い効果を実感できたアイテムを発見する事ができました。今回はそんな、「スッキリ暮らすための良コスパアイテムを6つ」ご紹介いたします。

どれも手軽に購入可能で、買ったその日から効果を実感できるはずです。是非一度チェックしてみてください。

タップできる目次

ケーブルバンド

煩わしい配線をまとめられるマジックテープ式のケーブルバンド。

小型機器が密集しやすいテレビ裏などは必然的にコード類がごちゃつきやすくなるので、このケーブルバンドが重宝します。

マジックテープ式なのでまとめたいコードが増えた時も付け替えがしやすく、使い勝手が良いのも特徴。インシュロックのように、取り外しの際ハサミで切る必要もありません。

大量に必要な場合はAmazonなどでまとめ買いができ、4〜5本程度でよければ100円ショップやホームセンターでも販売されています。

ヘッドフォンフック

そのまま置いておくと意外に場所を取りがちなヘッドフォンを机の端に掛けて収納することができる便利アイテム。

掛ける収納にすることで机の上がスッキリ見えるほか、遠目から見た際どことなくオシャレな雰囲気に見えるので不思議です。

取り回しの良さが魅力

現在僕が使用しているのは手動でネジを回して固定するタイプ。設置場所を変更したい時もさっと移動させられるので、非常に取り回しが良いです。

このほか、フックの部分が回転するものや、机の上に置くタイプのスタンドなども持っています。どれも使い勝手がよいので、気になるものがあれば一度チェックしてみてください。

立てるタイプもいい感じ

100円ショップの収納ケース

放っておくと散乱しがちな小物や、ハンカチ、靴下などの小さな衣類を入れておいたりする際に重宝する収納ケース。

シンプルなデザインで、多めに並べても部屋の雰囲気を損いません。

こういった収納ケースの使いどころとして、「使用頻度がそこそこ高いものの、そのまま出しておくと散らかって見える」ようなモノを入れておくと良いでしょう。

たまに取り出して使うようなケーブル類なども入れたりしています。

最近はこういったものも100円ショップで売られており、デザインも白、黒、グレー、ペールブルー、ピンクとなかなか豊富な色合いが揃っています。

無印良品のポリエチレンケースも優秀なので、目につきやすい場所とそうでない場所で使い分けています。

湯アカネット

湯船に浮かぶゴミ(主に抜け毛)を効率よく取り除くためのネット。

お風呂から上がる際にこのネットを湯船の中でぐるぐる走らせると、かなりの量のゴミをキャッチしてくれます。これを初めて使用した時はかなりの感動と衝撃を受けました。

このゴミ取り作業は湯おけでもできないことはないのですが、その場合ゴミを目視して追う必要があるほか、ゴミと一緒にどんどん浴槽のお湯が減っていってしまうんですよね。

このネットであればゴミを目視する必要はなく、適当にぐるぐるさせるだけで済みます。ゴミの捕獲作業に応じて湯量が減ることもありません。

こちらも100円ショップで見かけることがありますが、作りが弱いものが多く持ち手が折れたりネットが外れやすかったりします。多少高くても300円〜500円程度で頑丈なものが購入できるため、そちらの購入をオススメします。

小物入れ

油断しているとすぐに紛失しがちなものをしまっておける小物入れ。爪切りやドライバーなどを収納しています。

収納する際に立てておけるので、必要な時にパッと取り出せて便利です。こちらも100円ショップで購入できるのですが、半透明の樹脂製でシンプルな見た目なので、インテリアを損いません。

普段はキッチン扉の中に収納しておき、必要な時だけ取り出すようにしています。

立てる収納はだいたい正義

これと似た商品で無印良品の収納トレーも持っています。こちらは取手があり、真ん中のスペースが若干広めにとられているのが特徴です。価格はこちらの方が高いので、「頻繁にトレーごと持ち運ぶ」「大きめのもの(電卓など)も入れたい」という場合は無印良品のトレーをオススメします。

オートディスペンサー

手をかざすだけで泡状のハンドソープを出してくれるオートディスペンサー。我が家ではトイレの手洗いと洗面台の2箇所に設置しており、市販の詰替用ハンドソープを入れるだけで簡単に使用できます。

Umimile(ユミマイル)製を購入しています。

通常のディスペンサーボトルの場合ポンプを指で押さえる必要があり、手を洗いながら容器に触れるとボトル周りが濡れてしまっていました。

オートディスペンサーであればボトルを押す手間がなく、水濡れによりベタベタすることもありません。直接触れる事がないので、コロナの感染対策にもなります。この時代に適した製品と言えますね。

手をかざすだけで噴射

手をかざす位置によって泡の噴出量を変えることも可能。噴出口付近に2つイラストが描かれており、

  • 上のイラスト→少なめ
  • 下のイラスト→多め

という具合に選べます。

購入前のレビューを見ていたところ、「すぐにセンサーが反応しなくなった」という書き込みをいくつか見つけました。少し心配していましたが、とりあえず1ヶ月以上毎日使用しても不具合は起きていません。

ただ、購入後使い始めてすぐの頃、ディスペンサー使用後に噴出口からハンドソープの原液が1〜2滴ほど落ちることがありました。何度か使用するうちにその現象は治りましたが、この点は少し注意が必要だと感じました。

オートディスペンサーの購入前は手洗いは水だけで済ませてしまう事も多かったのですが、今ではほとんど毎回ハンドソープでの手洗いを行っています。自動化する事によって、泡の使用に対するハードルが下げられているのが大きなポイントですね。小さな子供がいる家庭でも、これならしっかりした手洗いを習慣化できるのではないでしょうか。

まとめ

以上、今回は心身共にスッキリ暮らすための良コスパアイテムについて6つご紹介いたしました。

今回ご紹介したのは100円ショップの製品をはじめとした比較的入手しやすいものが多く、明日からでもすぐに生活に取り入れられるものばかりとなっています。

気になるものがあればぜひ一度チェックしてみてください。

このブログでは、今回ご紹介した内容以外にもQOLの向上に役立ちそうな生活家具・家電やガジェットについて情報発信しています。時間があればぜひ一度そちらもご覧ください。

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次