自宅での筋トレが捗るオススメ器具5選

  • URLをコピーしました!

自宅で過ごす時間が増えたことにより、運動不足の方が増加しているようです。

今回は、自宅でも充実した筋力トレーニングを行いたいという方に向けた自宅トレ用の器具を5つご紹介します。

全て僕自身が購入して使用しているので、自信をもってオススメできるものとなっています。

是非最後までご覧ください。

タップできる目次

プッシュアップバー

ここがオススメ

プッシュアップバーの魅力は何といってもその価格。

自宅トレーニングの第一歩としては最適で、継続すれば目に見えた効果も期待できます。

価格がお手頃なので手が出しやすいうえ、スペースも必要としないため、初心者の方やアパート等の賃貸で暮らしている方にもオススメできます。

最近はデザインに凝ったものも数多く販売されています。

強化できる部位

プッシュアップバーを使用する事で下記の部位が強化できます

  • 上腕筋
  • 大胸筋

大胸筋強化をこれから始めたいという方の第一歩はこちらをおすすめします。

スピンバイク

ここがオススメ

とりあえず有酸素運動したい

有酸素運動したいけれど、近所を走るのは何となく気が引ける・・・。

そんな方には室内で使用できるスピンバイクがオススメです。

自宅に居ながら本格的な有酸素運動を行うことができるので、とにかく脂肪燃焼したい、心肺機能を強化したいという方にはオススメできます。

このほか代表的な有酸素運動といえば「ジョギング」や「水泳」がありますが、これらは意外とハードルが高かったりするんですよね。

屋内の使用であればランニングマシンもあるのですが、コスパを考慮すると個人的にはスピンバイクに軍配が上がるので、ここでは紹介していません。

”ながら”運動したい方へ

最近は、大体のメーカーであればハンドル部分にスマホスタンドやタブレットスタンドが備わっています。

僕の場合、ここにipadを取り付けてネットフリックスを観ている事が多いです。

何となく気が向かない時でも、ドラマや動画を観ながらであれば30分くらいであれば自然と経過していたりします

強化できる部位

スピンバイクを使用する事で下記部位の強化が期待できます。

  • 太もも
  • 心肺機能

通常のトレーニングに慣れてきたら、「HIIT」を取り入れると更に強靭な体作りが可能となりますよ。

HIITとは「High Intensity Interval Training」の略で、日本語に直訳すると「高強度間欠トレーニング」となります。簡単に説明すると、負荷の高い運動→休憩を繰り返し行う事で効果的な身体強化が望めます。

HIITは一般的に下記の手順で行います。

STEP
40秒間全力でスピンバイクを漕ぐ

とにかく全力。限界まで漕ぎます。

STEP
20秒間休憩

次に備えて呼吸を整えてください。

STEP
STEP1→STEP2を繰り替えし10回行う

これを合計10分間繰り返します。

コレ、シンプルながらめちゃくちゃしんどいです。ある程度鍛えてからでないと本当に眩暈がおきる可能性があるため注意してください。

バーベル(ダンベル)

ここがオススメ

自重でのトレーニングに限界を感じ始めた方や、更に効率的な筋肉肥大を図りたいという方にはバーベルの使用がオススメ。

その効果を最大限発揮するため、基本的には後述する「ハーフラック」「インクラインベンチ」との併用をオススメしています。

バーベルのシャフトを選ぶ際、「Wシャフト」と「レギュラーシャフト(まっすぐなシャフト)」の選択肢がありますが、後々の事を考慮した場合「レギュラーシャフト」の購入をオススメします。

「Wシャフト」は横幅が短いものが多く、ラックに収まらない事があります。

強化できる部位

バーベルでの使用で強化が期待できる部位は下記のとおり

  • 大胸筋
  • 上腕筋
  • 太もも
  • 腰回り

僕はどうしても自宅でベンチプレスがしたくて「バーベル」「ハーフラック」「インクラインベンチ」を同時購入しています。財布への打撃はかなり大きかったですが、後悔はしていません。

ハーフラック

ここがオススメ

別名”懸垂マシン”。「バーベル」「インクラインベンチ」と合わせることで驚異的な効果を発揮します。

その名の通り、チンニング(懸垂)ができるのも大きな魅力。

背中を鍛えたいけれどスペース的にどうしてもラックが置けないという方には「ドアジム」という製品もあります。レビューは高いようですが、落下が怖くて僕は手が出ませんでした・・・。

突っ張り棒みたいなやつです

¥1,680 (2021/11/07 19:35時点 | Amazon調べ)

強化できる部位

ハーフラックの使用で強化が期待できる部位は下記のとおり

  • 上腕筋
  • 背筋
  • 腹筋
  • 胸筋

これだけで上半身はすべてカバーできてしまいますね。

インクラインベンチ

ここがオススメ

ベンチプレスをする際には必ず必要となるのがこのベンチ。

意外と代用できるものがなかったりします。ちなみに僕は以前ベンチの代わりにストレッチポールを使用していたことがありますが、何度か死にかけました。

ただ、単体で使用する分にはかなりオススメです

¥9,350 (2021/10/19 20:10時点 | Amazon調べ)

ただし、予算を抑えるのであれば「フラットベンチ」でも問題ありません。

大きな違いと言えば下記のとおり。

フラットベンチ

座面が真っすぐで稼働しません。シンプルな作り

インクラインベンチ

座面を起こして背もたれにする事が可能。起こした状態でバーベル(もしくはダンベル)トレーニングすることで、大胸筋上部も鍛えられます。

本気で鍛えるんだ!筋トレは最大のソリューションだ!

という気合満々の方であれば「インクライン」をオススメします。

僕はフラットベンチ購入後結局インクラインを購入した経緯があります・・・。

強化できる部位

インクラインベンチの使用で強化が期待できる部位は下記のとおり

  • 上腕筋
  • 大胸筋

バーベルの代わりにダンベルを使用してもOKです。

ハーフラックは購入できないけれどある程度胸を大きくしたいという方は「重めのダンベル」+「フラットベンチ」がコスパ良いですよ。

まとめ

自宅で過ごす時間が増ると、体がなまりストレスも溜まりやすくなりがちです。

上手に体を動かすことで、健全な身体づくりに励みましょう。

健全な精神は健全な肉体から!

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次